葵クリーニングの洗いポリシー】
1.120%の努力で、どんな汚れにも挑戦します。
2.120%の技術力を、充実設備で実現します。
3.120%の復元力で、衣類を蘇らせます。

2022年05月21日 09:29

時間のかかるクリーニング屋

カテゴリ:日々の仕事日記カテゴリ:各部門のご案内カテゴリ:冬物クリーニング


ガーっと洗って(あまり洗わないで)

ぐるぐる乾かして

ドーンと出せば

出来るのでしょうか?


洗う前にアルミを巻き

細かな選別でいちいち洗い

シミが無いか確認していたら

そんなに早くは出来ません


手品ではないのです


残念ながら

わたしたちは

時間のかかるクリーニング屋です


ニーズに合っていない部分かもしれません

改善すべき事かもしれません

スピードではお役に立てず

申し訳ありません


葵クリーニングエクボ大樹寺店
南   健

  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月20日 09:29

豊かな生きかたとは? ある鉄ちゃんの話し



愛知洗い人の投稿は
加盟のクリーニング店の順番です

豊明のエンパイアランドリーさんの投稿は
一味違っていて
愛知洗い人本来のしみ抜きに関する事例投稿と
趣味の鉄ちゃん記事の2本立てになっています

この内容がとてもディープで詳しく
全く興味の無い人事などお構いなしに
情報を盛り込んでいます
この記事を読むといつも
あー旅に行きたいと思ってしまいます

しみ抜きと鉄旅の話し
全く持って関係のないけども
楽しい話し
ぜひ一度ご覧になってください
↓   ↓
http://shiminuki.aichi.jp/2022/05/%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%ab%e4%bb%98%e3%81%84%e3%81%9f%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%9f-%e2%97%8e/  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月19日 09:29

ネクタイにしみを付けた時 1番やってはいけないことは?

カテゴリ:ネクタイカテゴリ:靴・カバン・特殊品


ズバリ 拭いて取ろう とすることです


おしぼり は最悪

殺菌成分が残っていますから

スレによるダメージと
薬品による色抜けも心配です

でも誰もが
1番やってしまうことなんです

ぐっと我慢して
ペーパータオル等を押しつけて
出来る限りシミをこちら側に移して

直ぐにクリーニング店に持ち込む

結局これがいちばん安くついて確実

良くあるケースです
事例記事をご覧ください
↓   ↓
http://shiminuki.aichi.jp/2022/05/%e3%83%8d%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%81%ab%e5%92%8c%e9%a3%9f%e4%bc%9a%e5%b8%ad%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%bf/
  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月18日 09:29

LOUIS VUITTONのネクタイのしみ抜き

カテゴリ:ネクタイカテゴリ:各部門のご案内


かっこいネクタイにも

シミがあっては台無しです

フキンで拭いたり家でネットで調べたりして何かをやったりせずに
クリーニング店にお持ちくださり
大正解です

ペーパータオルや乾いたハンカチで拭う程度にしてください
絶対こすってはいけません

詳しくはこちら
↓  ↓
http://shiminuki.aichi.jp/author/aoicleaning/

  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月17日 09:29

#愛知洗い人 って?

カテゴリ:日々の仕事日記カテゴリ:各部門のご案内
http://shiminuki.aichi.jp/author/aoicleaning/

愛知洗い人

は愛知県のクリーニング店で
しみ抜きに特化した店主の集まる研究グループです

バブルが崩壊し
クリーニング店の売り上げもじり貧が続き
危機感を持った特に個人店は
何か特徴を持った店にしないと生き残れない

私達はその武器を しみ抜き に求めました

始めはもちろん しみを抜く 
つまり
付いた汚れを落とす事から始めました

ところが

どんな世界もそうですが 
追求すればするほど奥は深く
内容もどんどん高度になっていきました

毎年年5回
この分野で世界的第一人者 
京技術修染会 会長 石塚保博氏を迎えて実施する講習会も12年の実績となっています

今では 除去する事に留まらす
復元や再生の加工を施して
お客様のお困りに なんとか応えようと 日々
各店は奮闘しております

この様子を
ビフォー&アフターの形で紹介していますサイトが
愛知洗い人のホームページです

様々な事例が満載です
検索ワードもありますから
ぜひ一度ご覧になってください
↓  ↓
http://shiminuki.aichi.jp/author/aoicleaning/  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月16日 09:29

土曜日には遠方からお越しくださり恐縮です

カテゴリ:日々の仕事日記カテゴリ:各部門のご案内


エクボ大樹寺店の営業時間は
10:00-20:00ですが

仕事を終わってからでは
移動時間を含めると
余裕がありませんよね

土曜日は
シミ抜きのご相談に
遠方からお越しになるお客様が多いです

名鉄を越えてや
矢作橋を越えてや
東名で来た
というお客様もいらっしゃいます

クリーニング業は地域密着の仕事ですから
地元で完結したほうが良いですが
なかなかそうはいきません
厳しい業界内状も分かるだけに
辛いところでは有ります

恐縮しながら
出来ることを
やらせていただくしかありません

よろしくお願い致します

葵クリーニングエクボ大樹寺店
0564-24-9298
南  健

シミ抜きの事例はこちらから
↓  ↓
http://shiminuki.aichi.jp/author/aoicleaning/
  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月15日 09:29

定年になったらキャンピングカーで日本一周をしたい って良く聞きます

カテゴリ:回顧と懺悔



子どもが小さいときから

ワンボックスカーにテントを積んで時々
キャンプ場に行きました

オートキャンプ場でテントやごはんの準備をしていると
悠々と入ってきたのがキャンピングカー

まだまだキャンピングカーが少ない時でしたから
おー!と思いつつチラチラ見ていると
キャンピングカーから出て来た家族は
やはり
お金が有るように見えますよね
(実際そうなんだと思いますが)

テントは張らなくていいし
サイト(陣地)が直ぐに設営出来るし
何よりも楽しそうに見えました

いいなー
と思った事は自分だけではなく
子どもたちもそう思ったんだと思いました


今では、キャンピングカーの展示会は
各地で頻繁に行われていますが
当時はまだまだそこまでではありません

名古屋のキャンピングカービルダーに
見に行ってみました
実際に中を見せてもらい、動かないまでも
展開したベッドに上って
はしゃぐ子どもたち

欲しい気持がますます強くなってきます

「いつか買ってあげるからね」と言いました

いつもは 買ってあげる なんて表現、余り使わない主義だったのですが
この時は多分そう言ったと思います

それから
15年
その約束は果たせないのでした


このご夫婦さんにどんなキャンピングカー購入の背景があるかは分かりませんが

楽しい旅を続けて欲しいです

愛知に来たら寄ってください

  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月14日 12:29

頑張れおじさん 頑張るおじさん②

カテゴリ:日々の仕事日記


こんな歳にもなって

夜やっとのこと布団に入る時
ふと思うことは有ります

若いとき想像していた事と
違っているところだけを
ピックアップして見てしまう

良くない思考とは思いますが
疲れてくると
ダメですね

若いものが台頭してきても
まだまだバトンは譲れないという

微妙な年齢であります

こんなに成功しているように見える人でも
とてつもない
苦労が有るのですから

自分は
まだまだ
まだまだですね  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月13日 09:29

どんな顔?(笑い)

カテゴリ:日々の仕事日記カテゴリ:回顧と懺悔


おあずけを食らっている犬の顔


というかイスに座って
当然食べられる
と思っているところが

正に家族の一員ですね

送られてきた
夕食前の画ですが
家主の私がこれを食べられたのは
この後10時間後の事でした

  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)

2022年05月12日 09:29

矢沢永吉 福山雅治 「悠々自適なんてない!」③

カテゴリ:日々の仕事日記

矢沢永吉さんと福山雅治さんのラジオ対談のニュースは
やはり大きな話題となっています

こどもの日の特集で
14才をフォーカスした番組ですので
若者に向けたメッセージとしてまとめられたもの
とは思いますが
勿論全世代のリスナーに響きます

特に、ちょっと年下の私達にとっても
そのようなことを言ってくれる人を失いかけている
(悩みを聞いてくれる人が身近にいない)
世代にとっても
大きなメッセージとなると思います

https://ameblo.jp/muramatsu/entry-12741154461.html

もうすぐ完全版も公開されるようです  


Posted by 葵クリーニング │コメント(0)